ニート就職求人サイト

ニートから就職しやすい求人サイトランキング

 ようこそ。当サイトはニートから就職して正社員を目指している方々に向けて、社会に出るために必要な知識や情報、就職活動の際に便利なおすすめの求人サイトなどを紹介するサイトです。

 

 就職ガイドには、ニートから正社員までの流れを記載しています。参考にして下さい。



リクナビNEXT [ 3分簡単登録 ] [ 人気No.1 ]

特徴

ニートの状態が長く続いてしまっている方は、いざ就職先を探そうとしてもなかなか重い腰が上がらなくなってしまっていることも考えられます。

機能

無料会員登録ができるのも収入が無く、少しの負担をも嫌うニートに

おすすめの検索キーワード

「未経験」「経験不問」「年齢不問」「フリーター歓迎」


リクナビNEXTの口コミ評判:

未経験でも就職できる会社があって、求人の数も多いから使いやすかったかな。(20代 男性)



初めは転職サイト?って思ったけど普通に正社員の募集があるから使えました。スマホでも利用できるところもいいですね。(10代 女性)



レジュメに私のプロフィールを記入していたらオファーが来きました。レジュメは就職するまでの目安や目標が具体的に表示されるから使って損はないと思います。ニートからでも就職はできるのでみなさんもがんばってください。(20代 女性)



地域、職業などから絞り込み検索できて便利でした。地方の求人も他の求人サイトに比べて圧倒的に多かったです。(10代 男性)



リクナビNEXTは失業者も使っているからニートでも問題ないと思います。ただ、人気企業や人気職種は競争率が高いかも・・・(30代 男性)




ハタラクティブ [ 就職のエージェントタイプ ]

特徴

ニートやフリーターの若者を中心とする就職エージェントであり、未経験からの就職者が多く利用している。

機能

人材紹介であるため一人一人にマッチした就職先をカウセリングしながら探してくれます。

サポート対応地域

「東京」「埼玉」「千葉」「神奈川」



ハタラクティブの口コミ評判:

アルバイト経験しかなく、本格的な就職活動はしたことがなかったので、正社員で雇ってもらえるところなんてないだろうと半ば諦めていました。しかし担当のコンサルタントの方とお話をして、自分にも強みがあるということがわかり、自信を持って就職活動をすることができました。



就職活動に失敗して自信をなくし、1年半ほどニート生活をしていました。このままじゃいけないと思い、おもいきってハタラクティブに登録してみると、想像以上に経験を問わない仕事が多くありました。担当の方が親身になってサポートしてくれたおかげで、興味があったサービス業で正社員になることができて感謝しています。



大学時代の就職活動で内定がもらえず、その後1年間職種を問わず応募してきたけどなかなかうまくいきませんでした。ハタラクティブに登録してカウンセリングを受けた時に、自分の性格やこれまでのアルバイト経験から、ぴったりの仕事を紹介してもらえました。おかげさまで、現在は楽しく正社員として働いています。



学生時代に自己分析とか全然しなくて、卒業してからもたまにアルバイトするくらいで流してきたんですけど、25歳になった頃にすごい後悔して、きちんとした実務経験がないと年収も低いままなのでハタラクティブに登録しました。自分一人だったら無理だったと思うけど、ハタラクティブのサポートがあったから就活を投げ出さないで済みました。自分のやりたい仕事についてちゃんと話を聞いてくれたのがよかったです。



今でいう“ニート”に近かったんで恥ずかしいですけど、25歳を目前にしてダメ元で「正社員を目指そう」という気持ちになりました。ハタラクティブは「20代限定でしかもフリーター歓迎」という転職エージェントだったので自分でも問い合わせしやすかったのです。登録してみるとすごい優しい人ばっかりで、にわかにやる気が出てきて、絶対転職うまくいくよね〜って話していたら本当にうまく行きました。



若年層限定の転職エージェントとあったので登録してみました。他社にも登録していたのでそちらの方で就職先が決まってしまって、ハタラクティブにはあまりお世話にならなかった・・・というのが正直なところですが、社員の人当たりが良いのが印象的でした。登録者は若い人が多いためか、社員の目線も他社のエージェントのように堅苦しくなくてフレンドリーです。



持ってくる求人案件は自分の志望と合っていないし、そもそも求人件数が少ないんじゃないか?って気もしました。あと会社に登録してやってくる求職者がなんかヤンキーじゃないけど、ニートとか?やる気が感じられない人が目立ちました。


 

ニートの方が就職面接を成功させる3つの質問対策

1.志望動機の回答は企業を研究した内容と自分の強みを関連させてまとめる

 面接でよく質問される一つが志望動機です。この質問は「応募者は本当に入社したいのか」という本気度を測るために質問されることが多いです。従って、具体性のない曖昧な内容では本気度が面接官に伝わりません。

 

 回答の内容としては、企業及びその事業内容に対して自分の強みがどのように貢献できるか、活かせるか、ということを関連させてまとめると具体性のある内容となります。まとめるためには、企業及び事業を十分に研究し、自己の強みを含めた特徴を整理しておくことが必要です。

 

2.自己PRの回答は客観的な事実に基づいた内容でまとめる

 自分の強みや長所を面接官にアピールしても、面接官はそれが本当なのか判断しにくいものです。そのため、自己PRは具体的かつ客観的な事実に基づいた内容で構成することが重要です。そのポイントは、次の通りです。

 

ここがポイント!

  • 「リーダーシップ」などの強みの内容
  • 「企業でのアルバイト」などの強みを得た場所や機関
  • 「アルバイトで店長代理を務め、店員全員をまとめ目標売上を達成した」などの強みを得た活動
  • 「店長代理を務めた経験により組織をまとめる力や人を引っ張る力を身に着けた」などの得られた能力

 

 自分に組織をまとめ引っ張る力がある、と他者に説明しても証拠がなければ信じてもらうことができません。だから、どこで何をして、どのような成果をあげ、その強みを手に入れた、というような事実で説明する必要があるのです。

 

3.意地悪な質問には冷静に回答する

 面接官は応募者の本質を見抜くため意地悪な質問を投げかけることも多いです。応募者がその質問の意地悪さに冷静さを失い感情的に返答してしまえば、面接官は応募者の評価を下げ不採用にしてしまいます。

 

 質問としては、「新卒時の就活が何故失敗したのか」、「ニートになった理由は何」、「本気で就職を考えているか」や「自分の短所を改善する気があるのか」、といった応募者を傷つけるような質問もあります。このようにあえて意地悪な質問して応募者の反応を見ようとするので、その罠にはまってはいけません。

 

質問対策の準備は事前練習で完結する

 質問に対する完璧な回答を頭の中で準備できても実際の面接官との面談では緊張もするので、適切な回答ができないこともよくあります。そのため家族や友人などに協力してもらい面接の事前練習をするのがベストです。事前に用意した内容以外の質問もしてもらえば対応力が増していくはずです。

 

 十分な質問対策の準備ができても実際に面接の場でできなければ意味がありません。面接の質問対策の準備は事前練習の実施によって完結するものと考えてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 就職成功への道 就活準備の心得 書類準備の心得 面接の心得 おすすめ求人サイト